これを食べなければ新潟は語れない「のっぺ」と「わっぱ飯」

新潟の郷土料理に

「のっぺ」と「わっぱ飯」

というものがあります。

 

■のっぺもわっぱ飯も食べれるお店

新潟市の古町にある

田舎家さん (ホームページは こちら)

 

 

■のっぺとは?

しいたけや鶏肉、魚、かまぼこ

さといも、こんにゃく、いくらなどを使った

「すまし汁」のような汁物です。

 

▼田舎家の「のっぺ」

 

 

のっぺには暖かいバージョンと

冷たいバージョンがあります。

(今回食べた田舎屋ののっぺは

冷たいバージョンになります)

 

■わっぱ飯とは?

竹などでできた蒸し器の容器に

ご飯や海鮮を一緒に蒸し上げた

ご飯です。

(今回紹介する田舎屋が

わっぱ飯の元祖だそうです)

 

▼期間限定のアナゴわっぱ飯

(1620円)

 

 

■ワッパーとは?

バーガーキングのハンバーガーのことです

バーガーキングのサイトは こちら

 

 

 

▼1日限定10食の贅沢わっぱ膳

(昼:2700円  夜:3024円)

 

 

値段は決して安くはないですが

のど黒、鯛、かに、いくら、鳥といった

具が沢山のっていて、すごく贅沢です。

のっぺも付いてきます。(右上の小鉢)

 

振りかけてあるあおさの

アクセントが効いていい感じです。

 

小鉢で付いてくる

新潟のブランド豚「朝日豚」の角煮も

とっても美味しいです。(左上の小鉢)

 

今回紹介した田舎屋のわっぱ飯は

あの美味しんぼの海原雄山のモデルになった

北大路魯山人(きたおおじろさんじん)も

認めた味だそうです。

 

 

新潟の至高の料理ともいえる

田舎屋の「わっぱ飯」と「のっぺ」

 

新潟にお越しの際は

是非一度食べてみてはいかがでしょう。

 

 

 



【遠方出没の予定】
10月5~6日 富山
10月26~27日 三重
11月23~24日 福岡

■新セルフマガジン完成!
完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。



新潟市の出張治療 
大野達也(センキューオオノ)

■赤塚集落さんのレンタルスペースでも
料金は変わらず、施術することが出来ます。



料金に関して

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

ホームページ

■LINE@やっています。
こちらよりご登録いただけます。

タイトルとURLをコピーしました