なぜ鍼灸師はモテるのか【脳内モルヒネ編】

「鍼を打ったら脳内から

エンドルフィン(脳内モルヒネ)

が分泌された」

 

という結果が出た実験があります。

~~~~~~~

■脳内モルヒネ(エンドルフィン)とは?

脳内で分泌される物質。

 

快楽、興奮、集中という

精神状況をもたらす物質。

苦痛を和らげる効果があると考えられる。

~~~~~~~

 

鍼を打たれたことで分泌された

脳内モルヒネが苦痛状態の体を

楽にする効果があると言われているのですが

同時に

「鍼灸師が素敵に見えちゃう効果もある」

という考え方も

成り立つのではないでしょうか。

 

鍼を打つと脳内モルヒネが出る。

 

つまり、鍼を打つと脳は

快楽状態や興奮状態、集中状態になります。

 

ドキドキ、快感、夢中な感じ。

治療中はまさに恋に近い状態です。

 

同じものではありませんが「吊り橋効果」と

似たようなものと考えると

イメージしやすいのかもしれません。

 

鍼灸師がモテる理由として脳内モルヒネが

利用者さんに恋をしたような気分にさせる

なんて説が成り立つと考えられますね。

 


■楽しいことを創造する
楽しいことツクルンダー
センキューオオノ

Amazonほしいものリスト


YouTubeチャンネル


オフィシャルグッズ
タイトルとURLをコピーしました