ミニ四駆の課題を踏まえてUMJチャレンジ再トライしてみた

UMJチャレンジとは?
→先回のUMJチャレンジは こちら

37.69秒という
なんとも残念なタイムだった前回

私は速度が課題なので
今回いじったところとしては

・駆動系を素直に
・リアバンパーのパーツ点数を減らす
・テーパーローラーで復帰率を上げる
・タイヤ径を24mmに

この作戦が功を奏したのか
今回の結果は

dav

なんと、30秒台を切れました。

まだまだトップレーサーの方々には
かなわないスピードですが
まずは30秒台に飛び込めたことで
レースでもまあまあ通用する速度まで
到達できたのではないでしょうか。

今使っているマシンは
飛び姿勢がキレイなので
まっすぐ飛んでしっかり走ることを
意識して煮詰めていこうと思います。

激闘の末
ボディは割れてしまいましたが
今回は価値のある走行となりました。


■新セルフマガジン完成!
完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。



新潟市の出張治療 
大野達也(センキューオオノ)

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

ホームページ

タイトルとURLをコピーしました