トリガーポイント鍼治療の特徴

 

■トリガーポイント鍼治療とは

 

「トリガー=引き金」

つまり、痛みの引き金となっている

部分をトリガーポイントと呼び

トリガーポイントに鍼をすることで

痛みを取り除く鍼治療が

トリガーポイント鍼治療です。

 

ツボという概念とは違う

筋肉にできた痛みの原因を

鍼で狙っていくスタイルです。

 

■鍼を刺す本数が多い。

 

流派や考え方によって

鍼を刺す本数も様々です。

 

私は1回の施術で

40本以上の鍼を打ちますが

これは比較的にかなり多いです。

 

中には

1本だけで施術する流派もあり

刺す本数は鍼灸師の考え方で

大きく変わります。

 

■なぜ多くの鍼を打つのか。

 

鍼をすることで

痛みやコリの親玉を仕留めたとしても

残党が残っている状態では

また再び親玉が復活したり

残党がいろいろ悪さをしかねません。

「どうせなら残党まで退治」

という考え方から

鍼をたくさん使うスタイルになりました。

 

■何とも言えない響くような感じを伴う。

 

「響き」と呼ばれる

ジワーンとしたような感覚や

ズーンとしたような感覚など

何とも言えない重い感覚が伴うのが

トリガーポイント鍼治療の特徴です。

 

一般的にズーンとした感じが強く出たほうが

効果が高いと言われていますが

このズーンとした感じは

痛いと感じる人も居れば心地よく感じる人も居ます。

 

個人差や好き嫌いの問題もありますし

無理に「響き」を我慢すると

かえって体に力が入り

余計に体が疲れてしまいます。

 

響きの度合いは

こちらで調節できますので

響きは感じるけれど

体に力が入らない程度で

施術を受けていただくことが

オススメです。

 

 

■こんな人におススメ

 

・整体やマッサージでは物足りない。

・一度にガッツリ治したい。

・体をしっかり休ませるようにしたい。

 

タイトルとURLをコピーしました